CEATEC JAPAN(読み)しーてっくじゃぱん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

CEATEC JAPAN
しーてっくじゃぱん

毎年10月に千葉市の幕張(まくはり)メッセで行われる日本最大のIT・家電関連の展示・商談会。CEATECはCombined Exhibition of Advanced Technologiesの略である。1月にアメリカのラス・ベガスで行われるCES(セス)(コンシューマー・エレクトロニクス・ショーConsumer Electronics Show)、9月にドイツのベルリンで行われるIFA(Internationale Funkausstellung)と同様、エレクトロニクス系の総合的な展示会として知られる。業界団体の統合に伴い、2000年(平成12)に家電の「エレクトロニクスショー」、通信機の「COM JAPAN」がまとまって発足した。しかし、日本のエレクトロニクス・通信関連産業の低迷とともに出展企業の減少が続き、2013年には日立製作所、2014年にはソニーが相次いで撤退するなどし、存在感は低下している。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android