コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラス・ベガス ラスベガス

2件 の用語解説(ラス・ベガスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラス・ベガス

米国,ネバダ州南東部の観光都市フーバー・ダムの建設拠点となったことで発展。ホテル,劇場,飲食店が並び,カジノがある。離婚手続が簡単なことでも知られ,離婚を目的に全国から客が集まる。
→関連項目ネバダ[州]リノ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラス・ベガス
らすべがす
Las Vegas

アメリカ合衆国、ネバダ州南西端部にある同州最大の都市。人口47万8434(2000)。海抜約600メートルの砂漠の真っただ中に位置する観光・保養都市で、とくに「ギャンブルの町」として広く世界に知られる。メーンストリートであるフレモント通りを中心に、趣向を凝らした大小のカジノにはギャンブルを楽しむ人々があふれ、4万以上もあるホテルやモーテル、レストランや劇場が林立して一大歓楽街を形成しており、まさに「不夜城」の観を呈する。また、比較的温暖な気候と緑、水にも恵まれたスポーツメッカでもあり、ゴルフをはじめ、テニスボウリングの試合や自動車レースなどがつねに開催されているほか、スキー、釣り、狩猟、ハイキングキャンプボートなども市民の間で親しまれている。砂漠の真ん中とはいえ、ハイウェーや鉄道、航空機など交通の便はきわめてよく、南東40キロメートルに位置するフーバー・ダムやミード湖だけでなく、少々遠隔の観光地にも気軽に行ける利点もある。観光のほか、商業中心地としても重要で、食品加工などの工業も発達する。また、ネバダ大学(1951創立)の所在地でもあり、ネリス空軍基地がある。1855年にモルモン教徒が開拓したが、本格的な定住は1905年の鉄道敷設によって始まる。1911年より市制が施行され、31年に州法でギャンブルが認められるようになり、ギャンブルの町として急速な発展をみた。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラス・ベガスの関連キーワードウィリアムズバーグ観光都市パームビーチフォートローダーデールラスベガスキーウエストハーバートCフーバーリノ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラス・ベガスの関連情報