低迷(読み)ていめい

精選版 日本国語大辞典の解説

てい‐めい【低迷】

〘名〙
① 低く垂れ下がってさまようこと。低くただようこと。また、そのような状態にあること。
※菅家文草(900頃)三・思家竹「殊恨低迷摧宿雪、不期長養払秋雲
※放浪記(1928‐29)〈林芙美子〉「低迷してゐた雲が切れると」
※雲のゆき来(1965)〈中村真一郎〉二「反動的な疑惑も、後になって心の底に低迷しはじめてはいた」
② ぼんやりして明らかでないこと。心が消沈してさまようこと。意気があがらず活動が鈍ること。また、そのような状態にあること。
※菅家文草(900頃)六・九日後朝、侍宴朱雀院、同賦秋思入寒松「秋思如糸乱不従、低迷暗入殿前松」
※ヴァイオリンとオイストラフ(1955)〈河上徹太郎〉「音楽の堕落低迷を意味するものではない」 〔嵆康‐養生論〕
③ 取引市場で、相場が上げも下げもせずいつまでも低調であること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐めい【低迷】

[名](スル)
低くただようこと。「暗雲低迷
よくない状態から抜け出せないでいること。「売り上げが低迷する」「最下位に低迷する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android