低迷(読み)ていめい

精選版 日本国語大辞典「低迷」の解説

てい‐めい【低迷】

〘名〙
く垂れ下がってさまようこと。低くただようこと。また、そのような状態にあること。
※菅家文草(900頃)三・思家竹「殊恨低宿雪、不長養
放浪記(1928‐29)〈林芙美子〉「低迷してゐた雲が切れると」
※雲のゆき来(1965)〈中村真一郎〉二「反動的な疑惑も、後になって心のに低迷しはじめてはいた」
② ぼんやりして明らかでないこと。心が消沈してさまようこと。意気があがらず活動が鈍ること。また、そのような状態にあること。
※菅家文草(900頃)六・九日後朝、侍宴朱雀院、同賦秋思入寒松「秋思如糸乱不従、低迷暗入殿前松」
ヴァイオリンオイストラフ(1955)〈河上徹太郎〉「音楽の堕落低迷を意味するものではない」 〔嵆康‐養生論〕
③ 取引市場で、相場が上げも下げもせずいつまでも低調であること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「低迷」の解説

てい‐めい【低迷】

[名](スル)
低くただようこと。「暗雲低迷
よくない状態から抜け出せないでいること。「売り上げが低迷する」「最下位に低迷する」
[類語]不調変調不順低調不振乱調なまるにぶる冴えない伸び悩む上がったりスランプうだつが上がらない弱る弱まる鈍化弱化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「低迷」の解説

【低迷】ていめい

ぼんやりする。〔養生論〕夜にして坐し、則ち低思寢す。殷憂(いんいう)(盛んな憂い)を懷(いだ)くときは、則ち旦(あした)にするも(ねむ)らず。

字通「低」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android