コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

COPP シーオーピーピーCOPP

2件 の用語解説(COPPの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シー‐オー‐ピー‐ピー【COPP】[certified output protection protocol]

certified output protection protocol》米国マイクロソフト社が開発した著作権保護技術の一。DVD再生などのアプリケーションソフトと、画像表示のための半導体チップとの間でデジタルデータの暗号化を行うことにより、不正なデータの出力や読み取りを防止する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

Wisdomビジネス用語辞典の解説

COPP

マイクロソフトが開発したデジタル・コンテンツの著作権保護技術の1つ。GPUからディスプレイなどの外部へ出力する際にはIntel 945GなどでサポートされているHDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)などの著作権保護技術がある。COPPコンテンツ保護の制御を行うアプリケーションとGPUの間で著作権保護の仕組みをコントロールするための規格で、GPUのドライバとアプリケーション間で暗号鍵を交換する。また、鍵交換時にはGPUドライバの認証を行い、不正なドライバに映像を出力してしまうことを防ぐ。Windows XP Service Pack2とWindows Media Player 10以降でサポートされている。

出典|「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)
Wisdomビジネス用語辞典について | 情報

COPPの関連キーワードSurface440FX阪本章史SurfaceGoogle Earth ProApple PencilSurfaceI/Oメモリースティックレッスンプロ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

COPPの関連情報