コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

COPP シーオーピーピーCOPP

デジタル大辞泉の解説

シー‐オー‐ピー‐ピー【COPP】[certified output protection protocol]

certified output protection protocol》米国マイクロソフト社が開発した著作権保護技術の一。DVD再生などのアプリケーションソフトと、画像表示のための半導体チップとの間でデジタルデータの暗号化を行うことにより、不正なデータの出力や読み取りを防止する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

Wisdomビジネス用語辞典の解説

COPP

マイクロソフトが開発したデジタル・コンテンツの著作権保護技術の1つ。GPUからディスプレイなどの外部へ出力する際にはIntel 945GなどでサポートされているHDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)などの著作権保護技術がある。COPPはコンテンツ保護の制御を行うアプリケーションとGPUの間で著作権保護の仕組みをコントロールするための規格で、GPUのドライバとアプリケーション間で暗号鍵を交換する。また、鍵交換時にはGPUドライバの認証を行い、不正なドライバに映像を出力してしまうことを防ぐ。Windows XP Service Pack2とWindows Media Player 10以降でサポートされている。

出典|「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)Wisdomビジネス用語辞典について | 情報

COPPの関連キーワード自然銅(データノート)ファールンの大銅山地域フランシス コッポラ元素発見史(年表)ナポレオン(映画)バーバラ キャロルニコラス ケイジチャルダッシュOFCケーブル孤児ダビド物語CocoPPaタフピッチ銅カタンガ銅山シジミチョウ正長石閃長岩ディケンズ銅配線技術キューカートスカナ派フィールズ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

COPPの関連情報