コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

COPP シーオーピーピー COPP

2件 の用語解説(COPPの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シー‐オー‐ピー‐ピー【COPP】[certified output protection protocol]

certified output protection protocol》米国マイクロソフト社が開発した著作権保護技術の一。DVD再生などのアプリケーションソフトと、画像表示のための半導体チップとの間でデジタルデータの暗号化を行うことにより、不正なデータの出力や読み取りを防止する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Wisdomビジネス用語辞典の解説

COPP

マイクロソフトが開発したデジタル・コンテンツの著作権保護技術の1つ。GPUからディスプレイなどの外部へ出力する際にはIntel 945GなどでサポートされているHDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)などの著作権保護技術がある。COPPコンテンツ保護の制御を行うアプリケーションとGPUの間で著作権保護の仕組みをコントロールするための規格で、GPUのドライバとアプリケーション間で暗号鍵を交換する。また、鍵交換時にはGPUドライバの認証を行い、不正なドライバに映像を出力してしまうことを防ぐ。Windows XP Service Pack2とWindows Media Player 10以降でサポートされている。

出典|「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)
「Wisdom」とは、NECが運営するビジネス情報サイトです。Copyright NEC Corporation All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

COPPの関連キーワードマイクロソフトエクセルマイクロソフトオフィスマイクロソフトオフィスアクセスマイクロソフトオフィスエクセルマイクロソフトオフィスパワーポイントマイクロソフトオフィスプロジェクトマイクロソフトオフィスワードマイクロソフトパワーポイントマイクロソフトワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

COPPの関連情報