コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CULV シー ユー エル ブイ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CULV

インテル社が開発しているCPUのカテゴリーのひとつ。直訳は「消費者向け超低電圧」となり、比較的高性能でありながら低電圧で動作することで、消費電力と発熱量を抑えていることが特徴。フルスペック・ノートパソコンネットブックの中間に位置する、ノートパソコンでの使用が想定されている。このカテゴリーのノートパソコンを「CULVノート」と呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

CULV

高価な携帯型(モバイル)パソコンで採用されている、高機能なCPUの消費電力と発熱量を抑えた「超低電圧(ULV:Ultra Low Voltage)版」の技術を、より低価格なパソコン向けのCPUで採用したもの。Consumer Ultra Low Voltageの頭文字で、「消費者向け超低電圧」と訳される。既存のパソコン用CPUの基本設計を踏襲している点が、ネットブック等で利用される低価格CPU「Atom」などと異なる点である。
そのようなCPUを採用したパソコンを、「CULVノート」「CULVパソコン」、もしくは単に「CULV」と称することもある。小型軽量のモバイルパソコンは、超低価格のネットブックと15万円以上の本格モバイルパソコンとに2分されていたが、CULVノートはその中間、10万円前後の価格帯を埋める製品となる。ネットブックよりやや大きく重い代わりに、CPU性能だけでなく画面解像度やバッテリー駆動時間などが強化される機種が多い。ネットブックと同様、海外メーカーの製品化が先行しているが、Microsoft Windows 7発売以降は国内メーカーの製品投入も予想される。
Windows 7では、ネットブックに機能制限のある「Starter」エディションを搭載するのが基本となるため、普及版である「Home Premium」エディション搭載の低価格ノートパソコンとしてCULVにユーザーの関心が移る可能性もある。

(斎藤幾郎  ライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

CULVの関連キーワードニューマン(Thomas Newman)ワイラー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android