コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普及版 フキュウバン

デジタル大辞泉の解説

ふきゅう‐ばん〔フキフ‐〕【普及版】

高価な上製本とは別に、内容を変えずに装丁を簡略にするなどして、比較的安い定価で発行する本。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふきゅうばん【普及版】

書籍で、豪華版や上製本に対し、装丁を簡略にするなどして同じ内容で廉価につくったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

普及版の関連キーワードアンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッドスミス(William Eugene Smith)Adobe Photoshop Elementsバトラー(Josephine Butler)ライ(ポピュラー・ミュージック)ニッケルカドミウム蓄電池トランスジェニック動物ニッケル水素蓄電池セカンド・ラインディフュージョンアルカリ土類金属ウィトルウィウス奈良国立博物館ペーパーバックウルガタ訳聖書地球環境科学明治大正詩史クリーランド蟹工船ブーム脱工業化社会

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

普及版の関連情報