コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

E. ラザフォード Ernest Rutherford

20世紀西洋人名事典の解説

E. ラザフォード
Ernest Rutherford


1871.8.30 - 1937.10.19
英国の物理学者。
元・マッギル大学教授,元・マンチェスター大学教授,元・キャベンディッシュ研究所所長。
ネルソン近郊(ニュージーランド南島)生まれ。
別名1st Baron Rutherford of Nelson,Lord Nelson。
ニュージーランド大学で物理学を学び、1895年奨学金を得て渡英し、ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所の研究生となり、J.J.トムソンに師事する。卒業と同時にカナダのマッギル大学教授を経て、1907年イギリスのマンチェスター大学教授を歴任し、’19年キャベンディッシュ研究所所長となる。又、ローヤル・ソサエティ会長や科学技術研究庁諮問委員会議長、亡命科学者のための学者救済委員会長なども務め、科学行政に貢献する。’08年元素の崩壊や放射性物質の化学に関する研究によりノーベル化学賞を受賞する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

E. ラザフォードの関連キーワードアーネスト・トーマス・シントン ウォルトンラザフォードの原子模型キャベンディシュ研究所レーナルトの原子模型オッペンハイマーラザフォード散乱ボーアの原子理論エマネーションチャドウィック長岡の原子模型原子核物理学ソルベー会議シジウィック長岡半太郎カピッツァモーズリー原子番号ヘベシーガイガー仁科芳雄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android