ELISA(エライサ)(読み)エライサ

化学辞典 第2版「ELISA(エライサ)」の解説

ELISA(エライサ)
エライサ
enzyme-linked immunosorbent assay

エンザイムイムノアッセイともいう.抗原抗体反応を利用する微量定量法の一種.抗原または抗体を酵素で標識しておき,その酵素活性を測定することにより抗原抗体反応産物量を知ることができる.種々の変法が開発されているが,次のようなサンドイッチ法は,その一例である.プラスチック表面にはタンパク質が非特異的に結合する傾向が強いのでこの性質を利用して,まず抗体をプラスチック面に結合させる.これに試料を添加すると試料中の抗原が抗体にトラップされる.これにさらに酵素標識抗体を反応させ,その結合量から抗原(目的物質)量を求めることができる.標識用酵素としては,比色定量が容易なペルオキシダーゼアルカリホスファターゼなどが用いられる.[別用語参照]イムノアッセイ

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android