コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ERPパッケージ いーあーるぴーぱっけーじ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ERPパッケージ

企業の経営を効率化し、経営資源の有効活用を行なうためのソフトウェアパッケージ。「統合業務パッケージ」ともいう。部門ごとに別々に構築されているシステムを統合し、相互に参照、利用できるようにする。さらに、特別な機能をもったソフトウェア部品を後から追加できるような拡張用の機構を備えたものもある。他部門の業務をリアルタイムに参照することや、財務会計、人事を一元管理することが可能になるなど、メリットが大きい。だが、一方でパッケージ導入により、会社の業務の進め方を一部修正してでもパッケージに適応させる必要が生じる場合もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

イーアールピーパッケージ【ERPパッケージ】

経営の効率化を図るERPを実現するためのソフトウェア。導入により、受注・生産・販売・在庫管理など、関連部門の業務処理を一元的に管理できる。業種・業態ごとに対応した商品がある。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ERPパッケージの関連キーワード統合基幹業務システムビッグバン方式基幹業務ASP

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android