コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ES細胞捏造(ねつぞう)事件 ESさいぼうねつぞうじけん/いーえすさいぼうねつぞうじけん

1件 の用語解説(ES細胞捏造(ねつぞう)事件の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ES細胞捏造(ねつぞう)事件

「韓国でノーベル賞に最も近い人物」として政府、企業、マスコミ、世論を挙げて応援した黄禹錫(ファン・ウソク)ソウル大教授の胚(はい)性幹細胞(ES細胞)研究をめぐり、韓国検察当局は2006年5月12日、「研究費を流用したり不法に実験用卵子の提供を受けたりした」として、既に辞任していた黄元教授と研究チームを業務上横領や詐欺、生命倫理法(05年1月施行)違反などの罪で在宅起訴した。黄元教授がヒトクローン胚から世界で初めてES細胞をつくったとする論文は、ソウル大調査委員会が06年1月までに「すべて捏造」と結論づけており、検察当局は捏造は立件しなかったものの、ソウル大の調査結果を追認した。研究が目指した再生医療は、障害や難病に苦しむ人たちにとって、文字通り救いの手であり、収益を狙って企業化をもくろむ者も多かったため、衝撃は世界的に広がった。

(2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ES細胞捏造(ねつぞう)事件の関連キーワードサーベルノーベルアーベル賞きんご五尺セザール賞近因説トムソン・ロイター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone