FAT16(読み)ふぁっとじゅうろく

IT用語がわかる辞典の解説

ファットじゅうろく【FAT16】

マイクロソフトのオペレーティングシステム「Windows」が採用するファイルシステムのひとつ。単に「FAT」という場合にはFAT16を指すことが多い。主としてWindows 3.1Windows 95で使われていた。フロッピーディスクハードディスクを2の16乗(65536)個に分割し、最大2GBまでの領域を管理できる。ハードディスクの大容量化に伴い、高性能化したFAT32や多機能化したNTFSも開発された。◇「file allocation table 16」の頭文字から。「FAT16ファイルシステム」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android