コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FAT16 ふぁっとじゅうろく

2件 の用語解説(FAT16の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

FAT16

[[FATのファイルシステムのひとつ。テーブル長が16ビットのため、6万5536クラスタまでしか扱えない。1クラスタ当たりのサイズは32KBが上限となるため、1ドライブの最大容量は2GBとなる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ファットじゅうろく【FAT16】

マイクロソフトのオペレーティングシステム「Windows」が採用するファイルシステムのひとつ。単に「FAT」という場合にはFAT16を指すことが多い。主としてWindows 3.1Windows 95で使われていた。フロッピーディスクハードディスクを2の16乗(65536)個に分割し、最大2GBまでの領域を管理できる。ハードディスクの大容量化に伴い、高性能化したFAT32や多機能化したNTFSも開発された。◇「file allocation table 16」の頭文字から。「FAT16ファイルシステム」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

FAT16の関連キーワードオペレーティングシステムオペレーティング・システムシステムソフトウエアディスクオペレーティングシステムウインさんじゅうにウインドウズ携帯config sysソラリス分散オペレーティングシステム分散処理オペレーティングシステム

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

FAT16の関連情報