コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FAT16 ふぁっとじゅうろく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

FAT16

[[FATファイルシステムのひとつ。テーブル長が16ビットのため、6万5536クラスタまでしか扱えない。1クラスタ当たりのサイズは32KBが上限となるため、1ドライブの最大容量は2GBとなる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ファットじゅうろく【FAT16】

マイクロソフトのオペレーティングシステム「Windows」が採用するファイルシステムのひとつ。単に「FAT」という場合にはFAT16を指すことが多い。主としてWindows 3.1Windows 95で使われていた。フロッピーディスクハードディスクを2の16乗(65536)個に分割し、最大2GBまでの領域を管理できる。ハードディスクの大容量化に伴い、高性能化したFAT32や多機能化したNTFSも開発された。◇「file allocation table 16」の頭文字から。「FAT16ファイルシステム」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

FAT16の関連キーワードFAT32コンバーターFAT32/FAT16MSVFATSDXCSDHC

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android