コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Foveon X3 ふおひおん えつくすすりい,ふぉびおん えっくすすりー

1件 の用語解説(Foveon X3の意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

Foveon X3

 アメリカベンチャー企業フォビオン社が開発した、新しいタイプCMOS 。一般のCMOSも CCD も、ひとつのフォトセンサーから1色の単色情報しか得られない(カラーフィルターを被せているため)。Foveon X3シリコンがもつ、「異なる波長(色)の光を異なる深さで吸収する」という特性を利用して、ひとつのセンサーからR/G/Bの3原色を読みとるようにしたもの。現在、このFoveon X3を イメージセンサー に使用しているデジタルカメラは、日本ではシグマのデジタル一眼レフカメラ、SD9とSD10、SD14。アメリカでポラロイド社がコンパクトデジタルカメラに採用している。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

Foveon X3の関連キーワードベンチャー支援制度アメリカンチェリーベンチャーコーポレートベンチャーバイオベンチャーハイテクベンチャーバックベンチャーベンチャーキャピタリストベンチャーファンド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone