コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Google Apps ぐーぐるあっぷす Google Apps

1件 の用語解説(Google Appsの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

Google Apps

Google社のクラウド型アプリケーションサービス。無料版と有料版がある。
無料版では、独自ドメインを利用したメールの送受信がGoogle社のメールサービスGmailを介して利用できる他に、Googleカレンダーワープロ表計算ソフトなどのオフィスソフトがウエブブラウザー上で利用できるGoogleドキュメント、企業や家庭向けのホームページを簡単に作成できるGoogleサイトチャット機能を持つGoogleトークブログサービスBlogger等の多彩なサービスが利用できる。なお無料版には、教職員や学生を対象とした広告表示のない教育機関向け「Google Apps Education Edition」もある。
1ユーザー当たり年間6000円で利用できる有料版の「Google Apps for Business 」では、無料版で利用できるサービスの他に、1ユーザー当たり25GBのメール容量が用意され、スマートフォンで世界的に高いシェアを持つRIM社のBlackBerryや電子メール情報管理機能を持つMicrosoft社Outlookとの相互運用が可能となる。なお有料版のメールサービスでは、2007年にGoogle社が買収したPostini社の強力な迷惑メールフィルターやウイルスメール駆除技術が利用できる。また、99.9%の稼働率が保証され、年中無休24時間体制のサポートも受けられるため、メールサーバーの運用コストを削減したい企業にとっては魅力的なサービスである。実際に国内でも多くの企業がGoogle Appsを導入している。ちなみにGoogle社はGoogle Appsの代理店販売プログラムを実施しており、同サービスに付加価値を付けた代理店個々のサービスも展開されている。また、10年7月には、米連邦政府のセキュリティー基準を満たす「Google Apps for Government」が発表され、同製品は環境庁向けの製品として有料版に加わった。

(横田一輝  ICTディレクター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Google Appsの関連キーワードアプリケーションキーWebアプリケーションサーバーWebアプリケーションフレームワークヘルパーアプリケーションアプリケーションプログラムアプリケーションソフトアプリケーションソフトウエア業務用アプリケーションソーシャルアプリケーションアプリケーション・フォーム/アプリケーション・フィー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Google Appsの関連情報