コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HEOS ヘオスHEOS

デジタル大辞泉の解説

ヘオス【HEOS】[Highly Eccentric Orbit Satellite]

Highly Eccentric Orbit Satellite》超偏心軌道衛星。極端に細長い軌道を回る人工衛星。惑星間空間の磁波や宇宙線の調査用に、欧州宇宙研究機構(現欧州宇宙機関)が開発。1968年、HEOS-A1、1972年、HEOS-A2打ち上げ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

HEOSの関連キーワードヨーロッパ宇宙研究機構デウス・エクス・マキナキリスト教神学シュタイナーブラワツキーオールコットエピダウロスマウソレウムレオロジーテオロギア白縞天社蛾神政政治ギヒテル神智協会単一神教追い星弁神論蛇銀宝有神論汎神論

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android