IMAP(読み)アイ マップ

ASCII.jpデジタル用語辞典「IMAP」の解説

IMAP

メールサーバーとメールソフトの間で使われるプロトコルのひとつ。POPとは違い、メールのデータはサーバーに置いて管理する。メールソフトには件名、送信者など、最小限のデータが送られ、必要に応じて本文添付ファイルをダウンロードする。メールを整理するためにメールソフトで作成したフォルダーは、メールサーバーにも作成され、メールの移動や削除といった操作もメールサーバーのデータに反映される。そのため、複数のパソコンや携帯情報端末からメールサーバーにアクセスしても、常に同じ状態が再現できる。POPに比べるとサーバー側の負荷が大きくなるため、POPほど広くは普及していない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本「IMAP」の解説

IMAP

電子メール用のプロトコルのひとつです。POPがメールサーバーに保存された電子メールをパソコンに受信するためのプロトコルであるのに対し、IMAPではそれに加えてサーバーにある電子メールを直接表示、削除したり、サーバー側でフォルダー分類をしたりできるのが特徴です。メールサーバーとメールソフトの両方がIMAPに対応している必要があります。なお、メール送信にはSMTPを使います。
⇨POP3、SMTPサーバー、プロトコル

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android