IP-VPN(読み)あいぴーぶいぴーえぬ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Internet Protocol-Virtual Private Networkの略。通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用いるVPN(Virtual Private Network)。公衆のネットワークであるインターネットを利用する「インターネットVPN」と異なり専用のネットワークを使うため、通信経路を通して機密性や通信品質に優れたIP接続が行なえる。IP-VPNのバックボーンに用いられているのは、MPLS(Multi Protocol Label Switching)と呼ばれるスイッチング技術である。これはパケットに固定長のラベルを付与し、そのラベルを元にパケットをMPLS網内を転送するというもの。具体的には、IP網への入り口にあたるエッジルーターによってラベルの付与・削除が行なわれ、エッジからパケットを転送されたコアルーターはそのラベルを元にしてパケットを調べた宛先のルーターに転送することになる。ラベルには宛先のほか、VPNの識別子が記述されているため、他のVPNと混ざることがなく、不正アクセスや盗聴に対して強固なセキュリティを実現する。また、パケットの中継処理が簡素なため、高速なパケット転送が可能だ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

Internet protocol virtual private network
通信事業者が保有する IP ネットワーク網を経由して構築される VPN(仮想私設通信網)。 → VPN

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オープンスカイズ条約

領空開放条約ともいう。非武装の偵察機により相互の領域内の軍事活動,施設を監視しあい,軍備および軍事行動の透明性を高めることを目的とする条約。相互の不信感を取除く信頼醸成措置の1つ。 1955年,アメリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android