J. スーステル(英語表記)Jacques Soustelle

20世紀西洋人名事典の解説


1912.2.3 - 1990.8.7
フランスの政治家,人類学者。
元・アルジェリア総督。
高等師範学校で学び、パリ人類博物館の副館長を経て、大戦中にはドゴールの自由フランス運動に参加。戦後は情報相、植民地相を歴任したほか、’47〜51年ドゴール派のフランス国民連合書記長、’46〜56年下院議員を務めた。また、’55〜56年にはアルジェリア総督を務め、’58年のドゴールの政界復帰に貢献し、情報相、国務相を歴任したが、ドゴールのアルジェリア政策に反対したため解任され、’61〜68年まで国外亡命を余儀なくされる。その後恩赦で帰国し、’73〜78年再び下院議員を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android