KLタワー(読み)ケーエルタワー

デジタル大辞泉の解説

ケーエル‐タワー【KLタワー】

Kuala Lumpur Tower》マレーシアの首都クアラルンプールの中心部にある通信塔の通称。正式名称クアラルンプールタワー。ブキナナスの丘の上に位置する。高さ421メートル。地上276メートルのところに展望台があり、市街を一望できる。1996年に完成。ペトロナスツインタワーとともにクアラルンプールのシンボルとして知られる。ムナラKL

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ケーエルタワー【KLタワー】
KL Tower

マレーシアの首都クアラルンプールの市街中心部に建つ、地上421mの通信塔兼観光タワー。タワーの高さとしては世界第4位で、東南アジアでは最も高い。1991年に着工し、1996年に完成し、一般公開された。地上276mに多数のアトラクションのある展望台があり、282mに回転レストランのスリアンサカがある。展望台からは、クアラルンプールの新しいランドマークのペトロナスツインタワーが間近に見える。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android