コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

L

大辞林 第三版の解説

L

〖Lake〗 湖の名につける記号。
ローマ数字の 50。
〖large〗 大きさが標準よりも大きいことを示す記号。
〖living room〗 → リビング-ルーム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

L
える

英語アルファベットの第12字。ライオンを表すエジプトの象形文字に起源をもち、神官文字やセム文字を経て、ほとんど変化なく現在の形に至っているが、現在の直角の字体Lは古典ラテン語に始まり、EやFにも関連がある。L字形という表現で、とくに建築の分野でよく用いられる。服などのサイズでは大largeを、地理用語では緯度、また日常では左や容積の単位リットルなどを表す。ローマ数字では50を示す。また、イギリスの通貨単位ポンドはラテン語のリーブラlibraから£、L、lと略され、イタリアの通貨単位リラもLで表される。小文字lは、1(いち)との混同を避けるため、単独ではあまり用いられない。[斎藤公一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

Lの関連キーワード文学史におけるジャンルの進化原発の低レベル放射性廃棄物夜明けの鐘から夕べの鐘まで建築家とアッシリアの皇帝フロールシュッツの公式ラグランジュポイントレヴィンソンの定理カーロード・レートセンニュウ(仙入)芸術のための芸術ヴァイスの晶帯則抗パーキンソン薬長波長感受性錐体ワイスの晶帯則ラグランジュ点コンブ(昆布)オッティエーリ角運動量加成則キロリットルCEDEAO

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Lの関連情報