LD転炉(読み)エルディーてんろ

百科事典マイペディアの解説

LD転炉【エルディーてんろ】

純酸素上吹転炉とも。炉の上部から水冷ランスで,高圧の酸素を炉内の溶銑中に吹き込んで製鋼する転炉。1952年オーストリアのリンツLinz,1953年ドナウィッツDonawitzの両工場で工業化されたところからLD転炉の名がある。製錬時間約30分で,低リン,低酸素の良質鋼が得られる。生産性が高く,従来の平炉,底吹転炉に代わって製鋼炉の主体となった。大型のものでは容量200〜300t。なお,日本が一流の製鉄産業をもつことができたのは,この技術を成長・発展させたため。
→関連項目転炉平炉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android