コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LDAP えるだっぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

LDAP

Lightweight Directory Access Protocolの略。インターネットやイントラネットなどで、ディレクトリデータベースにアクセスするためのプロトコル。ディレクトリデータベースには、ネットワークを利用するユーザーのメールアドレスや環境に関する情報が記録されており、ディレクトリサーバーはユーザー名からこれらの情報を検索できるサービスを提供する。ユーザー情報として、IDやパスワード以外の情報を容易に追加できる拡張性が特徴。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エルダップ【LDAP】[lightweight directory access protocol]

lightweight directory access protocol》インターネットやイントラネットを通じて、ディレクトリーサービスを利用するためのプロトコル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

LDAPの関連キーワードNSL ManagerLDAPサーバー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android