コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LTTE LTTE/えるてぃーてぃーいーLiberation Tigers of Tamil Eelam

知恵蔵の解説

LTTE

スリランカの少数派、タミル人が分離独立を掲げて構成する武装組織。同国には、古くから北部、東部を中心に住んできた「スリランカ・タミル人」と、紅茶農園の労働者として19世紀に英国が呼び寄せた「インド・タミル人」が中央部に集まっている。LTTEは前者の流れをくみ、古来から住む民族として自治の権利を主張している。北部のキリノッチを中心にするLTTE支配地域では、独自の警察、裁判所、通行税などの税制を持つ。時刻もスリランカ時間とは30分の時差を設けるなど「独立国」のような体裁を保っている。戦闘では自爆テロなどのゲリラ戦術を得意としてきた。しかし、2004年3月、最高指導者プラバカラン議長が率いる主流派に対し、東部部隊のカルナ大佐の分派が離脱。両派の間で交戦が起き、多数の負傷者を出した。総勢約9000人とされたLTTEからカルナ派(約5000人)が分かれたことで、LTTEの兵力は衰えている。

(竹内幸史 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

LTTEの関連キーワードチャンドリカ クマラトゥンガ内戦とスイスのスリランカ人タミル・イーラム解放の虎スリランカの和平交渉スリランカ・ダム紛争タミル統一解放戦線スリランカ民族紛争スリランカ民族抗争スリランカの内戦スリランカ和平クロスターマンスリランカ内戦ラジャパクサタミル紛争グレスマンウォルフシンハラ