コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Lightning

3件 の用語解説(Lightningの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

Lightning

エイ出版社が発行する男性ヤングアダルト誌。アメカジ系ファッションや、アメリカンスタイルに関する情報を紹介。毎月30日発売。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

Lightning

2012年9月以降に発売された、iPhoneiPadなどに採用された接続端子の名前です。それ以前の製品にあった接続端子と比べ、端子の幅が約8ミリと大幅にコンパクト化され、表裏どちら向きでも差し込めるのが特徴です。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
パソコンで困ったときに開く本について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Lightning
らいとにんぐ

アップル社が開発したコネクタの規格。同社の携帯端末で使われている。Lightningコネクタともいう。Dock(ドック)コネクタの後継として登場した仕様で、2012年9月以降に発売されたiPhone(アイフォーン)、iPad(アイパッド)、iPad mini(アイパッドミニ)、iPod nano(アイポッドナノ)、iPod touch(アイポッドタッチ)などで採用されている。
 Dockコネクタは30ピンであったが、Lightningは八つのピンにその周囲の部分を加えた九つの接点という端子構成になった。これにより大幅に小型化され、強度も高まった。また、表裏のないリバーシブル構造でどちらの向きでも挿入できる。外部機器とのデータの同期や通信、携帯端末の充電などで使用する。データ通信で扱えるのはデジタルデータのみで、規格はUSBに準拠している。パソコンなどの外部機器と接続するためのケーブルは、片側がUSB端子になっている。Dockコネクタに変換するためのアダプタも用意されている。その他、HDMI、VGA(video graphics array)、microUSBに変換するためのケーブルなどもある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のLightningの言及

【雷】より

…この種の放電を火花放電,スパークとよぶ。自然が起こす火花放電が雷で,このとき放射される光が電光,稲妻,あるいは稲光lightningで,音が雷鳴thunderである。この火花放電は,雨,雪,ひょう等を降らせる対流雲の発電作用によって生じ,その規模はきわめて大きく,放電路の長さは2~20km(代表値5km)で,中和する電荷は3~300C(代表値25C)である。…

※「Lightning」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Lightningの関連情報