コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MDS エムディーエスMDS

デジタル大辞泉の解説

エム‐ディー‐エス【MDS】[multipoint distribution system]

multipoint distribution system》多点配線システム。パラボラアンテナを備えた特定の受像機だけに電波を送信するシステム。

エム‐ディー‐エス【MDS】[myelodysplastic syndromes]

myelodysplastic syndromes》⇒骨髄異形成症候群

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のMDSの言及

【多次元尺度構成法】より

…心理学など,行動科学の分野で多く使われるデータ解析法の一つ。多次元尺度化法,あるいは英名を略してMDSとも呼ばれる。一般に,n個の観察対象(O1,O2,……,On)から2個の対象を取る組合せ(Oj,Ok)のそれぞれについて,OjとOkの差異度Djkまたは類似度Sjkを求め,これらを総合して全対象をn個の〈点〉として多次元の空間に位置づける計算技法を総称する。…

※「MDS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MDSの関連情報