コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多次元尺度構成法 たじげんしゃくどこうせいほう multidimentional scaling

1件 の用語解説(多次元尺度構成法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たじげんしゃくどこうせいほう【多次元尺度構成法 multidimentional scaling】

心理学など,行動科学の分野で多く使われるデータ解析法の一つ。多次元尺度化法,あるいは英名を略してMDSとも呼ばれる。一般に,n個の観察対象(O1,O2,……,On)から2個の対象を取る組合せ(Oj,Ok)のそれぞれについて,OjとOkの差異度Djkまたは類似度Sjkを求め,これらを総合して全対象をn個の〈点〉として多次元の空間に位置づける計算技法を総称する。これにより,対象相互の親近関係の全貌をつかみ,各点間の距離や方向によって差異や類似に影響する未知要因の発見を容易にするという意図をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多次元尺度構成法の関連キーワード行動科学応用心理学行動療法青年心理学超心理学比較心理学ワトソン文科脳科学進化心理学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone