コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MID えむあいでぃーMobile Internet Device

知恵蔵の解説

MID

インテルが提唱するIT機器の新カテゴリ。同社のATOM搭載を前提としている。“携帯用のインターネット利用端末”を意味する「Mobile Internet Device」の略称。サイズと性能の面で、スマートフォンと低価格モバイルパソコンもしくはNetbookの中間に位置づけられている。スマートフォンより大きめ液晶ディスプレイを搭載し、画面を指やペンでタッチして操作。3G回線やMobile WIMAX、無線LAN等を利用してインターネットに接続する。ウェブブラウザ電子メールソフトを中心に、各種のアプリケーションが利用できる。OSにはパソコン用のWindowsではなく、携帯機器向けのLinuxを搭載するのが前提となっている。2008年8月現在、日本国内でMIDに相当する機種は発売されていないが、ウィルコムが同年7月に発売したWindows Vista搭載機、WILLCOM D4の形状がMIDに近いと考えられる。

(斎藤幾郎 ライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

エムアイディー【MID】

インテルが2007年に発表したモバイル端末コンセプト。同社のAtom(アトム)プロセッサー搭載を前提とした、携帯してインターネットやメールを利用するための小型・軽量の情報端末。タッチパネル式の液晶ディスプレイが装備され、無線LANや3G携帯電話回線によってインターネットに接続する。機能・サイズともに、ネットブックとスマートフォンの中間に位置する。◇「mobile internet device」の頭文字

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

MIDの関連情報