コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nアセチルノイラミン酸

1件 の用語解説(Nアセチルノイラミン酸の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

Nアセチルノイラミン酸

 C11H19NO9 (mw309.27).

 NANAと略す.シアル酸の代表的な化合物.糖タンパク質の構成成分として動物界に広く分布.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Nアセチルノイラミン酸の関連キーワード観応CPX千草OPX楠本武俊松平忠誨松前昌広水上武ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第27番 ホ短調/piano soloモーツァルト:ピアノ協奏曲 第27番 変ロ長調/piano and orchestra(concerto)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone