N-アセチルノイラミン酸(読み)えぬあせちるのいらみんさん

化学辞典 第2版の解説

N-アセチルノイラミン酸
アセチルノイラミンサン
N-acetylneuraminic acid

5-acetamido-3,5-dideoxy-D-glycero-D-galacto-2-nonurosonic acid.C11H19NO9(309.27).略号NeuNAc,NANAなど.ピルビン酸N-アセチルマンノサミンのアルドール縮合物とみられる.N-アシル基の異なる種々のシアル酸の代表的なもので,広く動物界糖タンパク質や糖脂質中の糖鎖の非還元末端に位置し,その陰イオン電荷が生理活性の発現に重要な役割を担っている.分解点185~187 ℃.-32°(水).水に易溶,エタノールに難溶.カルボキシル基のpK 2.6.[CAS 131-48-61]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のN-アセチルノイラミン酸の言及

【シアル酸】より

…ノイラミン酸neuraminic acidのアシル誘導体の総称であり,N‐アセチルノイラミン酸,N,O‐ジアセチルノイラミン酸,N‐グリコリルノイラミン酸などが含まれる。このうち最も分布が広いのはN‐アセチルノイラミン酸である。…

※「N-アセチルノイラミン酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android