N. プーランザス(英語表記)Nicos Poulantgas

20世紀西洋人名事典「N. プーランザス」の解説

N. プーランザス
Nicos Poulantgas


1936 -
ギリシアの社会学者。
構造主義的マルクス主義立場から独自の「種別的」階級、「新しい小ブルジョワジー」階級を規定し、現代資本主義国家論の構築に努める。ミリバンドとの論争は有名で、主著に「資本市議国家の政治権力と社会階級」(1968年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android