コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OKT-3 オーケーティースリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

OKT-3
オーケーティースリー

アメリカの製薬会社オーソ社が開発した新しい免疫抑制剤シクロスポリンなどとともに,臓器移植時の拒絶反応防止を目的として用いられている。免疫反応を担当する細胞の一つであるリンパ球に特異的に結合する抗体で,結合してリンパ球を破壊することにより免疫抑制作用を発現する。大量のステロイド投与でもコントロールできない拒絶反応に有効なことが明らかになっている。また,治療薬としては,初めて細胞融合の技術を駆使してモノクローナル抗体として製品化された。アメリカではすでに臨床に使われ始めているほか,日本でも,臨床試験が始まっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android