OLEコントロール

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

OLEコントロール

OLE2.0のオブジェクトとして作成されたコントロール。拡張子の名前から、「OCX」と呼ばれることもある。OLEコントロールには、一般のOLEオブジェクトが持つ機能に加えて、イベント発行など、コントロールとしての機能が備えられている。OLEコントロールの特徴は次のとおり。OLEコントロールコンテナー機能を持つ任意のアプリケーションで利用可能OLEオートメーション機能を利用可能柔軟なカスタマイズが可能イベントの設定が容易通常のOLEアプリケーションサーバーに比べ、性能が高い。OLEコントロールは開かれたインターフェイスを持つOLEオブジェクトであるため、相手がコントロールコンテナー機能を持っていれば、どのようなアプリケーションでも張り付けて使用できる。Windows 95に対応した最新のVisual Basic Ver.4.0では、従来のVBXではなく、プログラムの部品として、このOLEコントロールを利用するようになった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android