コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

P‐K反応 ピーケーはんのうP‐K reaction

世界大百科事典 第2版の解説

ピーケーはんのう【P‐K反応 P‐K reaction】

プラウスニッツ=キュストナー反応Prausniz‐Küstner reactionの略。1921年にドイツの生理学者C.プラウスニッツと産婦人科医H.キュストナーが報告した局所受身感作反応。キュストナーはある魚に敏感で,その魚を食べると蕁麻疹(じんましん)などの全身性の過敏症状を起こしていた。そこでキュストナーの血清の0.1mlをその魚に過敏でないプラウスニッツの皮内に注射し,翌日同じ場所にその魚の抽出液を注射したところ,強い発赤,腫張,瘙痒(そうよう)をしめした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android