P. マルタン(英語表記)Pierre Martin

20世紀西洋人名事典の解説


1824.8.16 - 1915.5.24
フランスの冶金技術者。
ブルージュ生まれ。
鉱山学校卒業後、父エミールのフルホンボール製鉄所で働く。1864年シーメンズ式の平炉を用い、溶融銑鉄に屑鉄を加えることによって、銑鉄中の炭素分を下げを製造することに成功。1867年パリ万国博覧会に出品し、金賞を得て、マルタン法の名は一躍有名になる。この方法はジーメンス・マルタン法とよばれることになり、一般には平炉法と呼ばれる。1889年建設のエッフェル塔の構造材料にシーメンズ・マルタン鋼が用いられた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android