コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピーエムにてんご ピーエムニテンゴPM2.5

デジタル大辞泉の解説

ピーエム‐にてんご(PM2.5)

《PMはparticulate matterの略》直径2.5マイクロメートル以下の超微粒子。自然由来以外に、自動車の排気ガスなどに含まれる。肺の奥まで入りやすく、肺癌(はいがん)や呼吸系・循環器系への影響が懸念されることから、平成21年(2009)に環境基準が設定された。微小粒子状物質。→エス‐ピー‐エム(SPM)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

PM2・5

大気中に浮遊する直径2・5マイクロメートル以下の物質。環境省によると、(1)焼却炉などで物が燃焼することによって排出されるもの(2)窒素酸化物(NOx)などのガスが、大気中で光やオゾンと反応して生成されるもの――がある。肺の奥まで入りやすく、ぜんそくといった呼吸器系の病気などに影響があるといわれる。

(2014-02-26 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ピーエムにてんごの関連キーワードランチョンマット熊澤枝里子紙型排ガス規制SPMPM粒子状物質DEPディーゼル排気微粒子HEPAフィルター

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android