PSK(読み)ピーエスケー

デジタル大辞泉の解説

ピー‐エス‐ケー【PSK】[phase shift keying]

phase shift keying搬送波位相を変化させ、それぞれにデジタル信号ビット値を割り当てる変調方式。使用する周波数帯域が狭く、雑音耐性が高い。位相を細かく分けると単位時間当たりに送信できるデータ量が増えるが、受信時の誤りが発生しやすくなる。通常、振幅偏移変調(ASK)と組み合わせて用いられることが多い。位相偏移変調位相シフトキーイング。→ビー‐ピー‐エス‐ケー(BPSK)キュー‐ピー‐エス‐ケー(QPSK)はち‐ピー‐エス‐ケー(8PSK)

ピー‐エス‐ケー【PSK】[pre-shared key]

pre-shared key
暗号化して通信を行う際に用いられる、受信側と送信側で事前に共有する暗号鍵事前共有鍵事前共有キー
無線LANの暗号化方式であるWPAWPA2を小規模なネットワークで使用する際、認証サーバーを経由せず機器同士で相互認証するために必要となる暗号鍵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android