コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PTP制御 ピーティーピーせいぎょpoint-to-point control

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

PTP制御
ピーティーピーせいぎょ
point-to-point control

ロボットアームの経路制御の方式の一つ。位置決め制御を次々とつないでいく方式を PTP (連続位置決め) 制御といい,その経路は折線近似となる。一方,滑らかな動きを実現したいときは,CP (連続経路) 制御 continuous path controlが採用される。この場合,PTPの中間点を補間計算で細かく決めておく方法や,軌道モデルをコントローラ内部に持ち,速度と方向の指令により連続的に動かす方法がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android