コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SATKA エスエーティーケーエー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SATKA
エスエーティーケーエー

アメリカにおける大陸間弾道弾の迎撃システム。 SATKAは,監視 surveillance,捕捉 acquisition,追尾 tracking,破壊評価 kill-assessmentを表わす。 SDI計画の後身にあたる限定的弾道ミサイル防御システム (GPALS) において最も重要な部分であり,重点的に開発が進められている。技術的には,監視衛星,照準追尾装置,通信システム,表示装置,評価判断用コンピュータシステムなどを有機的に組合せることが必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サトカ【SATKA】[Surveillance, Acquisition, Tracking and Kill Assessment]

Surveillance, Acquisition, Tracking and Kill Assessment》探知・捕捉・追尾・破壊評価。戦略ミサイルの発射から弾着までの間、目標を探知、追尾し、迎撃によって目標物が完全に破壊されたかを短時間で見いだすなどの技術研究。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

SATKAの関連キーワード金サッカ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android