SBI証券

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

SBI証券

旧イー・トレード証券。99年10月、ネットによる取引サービスを始め、合併などを経て08年7月に現在の商号となった。ネット証券最大手で、銀行や保険会社を傘下に置くSBIホールディングスの100%子会社。口座数は209万口座(今年6月末時点)。

(2010-07-24 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

SBI証券

正式社名「SBI証券株式会社」。英文社名「SBI SECURITIES Co., Ltd.」。証券・商品先物取引業。昭和19年(1944)「大沢証券株式会社」設立。平成11年(1999)「イー・トレード証券株式会社」に改称。同18年(2006)「SBIイー・トレード証券株式会社」に改称。同20年(2008)現在の社名に変更。本社は東京都港区六本木。SBIホールディングス子会社の証券会社。インターネット取引が主力。手数料の安さが特徴。JASDAQ旧上場。平成20年(2008)完全子会社化にともない、上場廃止。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SBI証券の関連情報