コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新規株式公開 シンキカブシキコウカイ

2件 の用語解説(新規株式公開の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんき‐かぶしきこうかい【新規株式公開】

株式公開

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新規株式公開
しんきかぶしきこうかい

未上場の企業が自社株式を上場し、不特定多数の投資家が参加できる株式市場で、自由に売買できるようにすること。英語ではInitial Public Offeringといい、略してIPOともよばれる。新規公開株が多く上場している市場を新興株式市場という。新規株式公開には、創業者一族などが保有する株式を放出する「売り出し」と、株券を新規発行する「公募」の二つの形態がある。新規株式公開は増資などと並ぶ、エクイティファイナンス(新株発行を伴う資金調達)の代表的手法であり、市場から広く資金を調達できるほか、企業の知名度が向上し、有能な人材を確保しやすくなるなどの利点がある。一方、定期的に業績開示や投資家への説明を求められる義務が生じる。また、ライバル社や友好的でない株主から敵対的買収を迫られるリスクもあり、これを嫌って上場企業MBO(経営陣による買収)により、ふたたび非上場企業となるケースもある。なお日本航空など一度経営破綻した企業が再上場する場合も、新規株式公開に含めることがある。
 2000年前後にアメリカのIT(情報技術)企業を中心に新規株式公開が相次ぎ、世界のIPOによる資金調達額が2000億ドルを超える第一次IPOブームとなった。その後、2005年から2007年にかけて中国、インド、ブラジルなどの新興国も加わって第二次IPOブームとなったが、リーマン・ショックで、IPO熱は冷え込んだ。なお世界のおもな株式取引所には、過去1年以内に新規株式公開した企業の株価動向を示すインデックス指標がある。
 公開後に最初についた株価を初値とよぶ。公開価格の決定方法には、財務内容が似た上場会社を参考に下限価格のみを設定して入札で決める「入札方式」と、仮条件の範囲内で需要を聞き取って価格を決める「ブックビルディング(需要積上)方式」の2通りがある。通常、新規公開株は上場株式数に限りがあるため、初値は公募・売り出し価格を上回ることが多いとされる。2012年には、アメリカの交流サイト運営企業フェイスブックの初値が公募・売り出し価格より1割以上高くなり、市場から約9兆円を調達して話題となった。しかしフェイスブックの株価がその後低迷するなど、新規株式公開をめぐっては、上場前の情報開示や株式配分のあり方が問題になるケースが多い。日本では、2005年(平成17)ころから「未公開株は確実にもうかります」などと公開予定のない株式を売りつけるIPOトラブルが増えている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新規株式公開の関連キーワードIPO株株式公開買付新規公開株株式/株式会社株式公開支援株式公開買い付け(TOB)監査役会仮条件形式基準公開前規制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新規株式公開の関連情報