コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上場廃止 じょうじょうはいしdelisting

知恵蔵の解説

上場廃止

株式非公開化」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

上場廃止

証券取引所が投資家保護のため、経営危機や不祥事などで市場取引が適当ではないと判断した上場企業株式を、取引対象でなくすること。東京証券取引所上場廃止基準は、少数特定株主が大半を保有▽時価総額が10億円未満など▽2期連続で債務超過有価証券報告書虚偽記載監査法人不適正意見などがあり、影響が重大▽破産民事再生手続きなどがある。廃止基準に触れる可能性がある場合、取引所は「監理ポスト」に移して投資家に注意喚起する。廃止決定後も1カ月間は「整理ポスト」で売買できる。

(2007-03-13 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうじょう‐はいし〔ジヤウヂヤウ‐〕【上場廃止】

上場している株式が、証券取引所金融商品取引所)の上場適格要件を満たさないなどの理由で売買されなくなること。企業自らが廃止を希望する場合もある。通常廃止対象の株式は、一般投資家に周知徹底するために監理銘柄整理銘柄などの指定割当を受ける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

株式公開用語辞典の解説

上場廃止

上場している企業が、上場するに適当でなくなった場合や、自ら廃止を希望して、証券取引所で売買されなくなることをいう。上場廃止の事実を株主等に周知させるために、一定期間、監理ポスト・整理ポストにおいて、その銘柄の売買を行わせることができる。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

会計用語キーワード辞典の解説

上場廃止

上場している企業が、上場するに適当でないと判断された場合や、自ら廃止を希望して証券取引所で売買されなくなることをいいます。上場廃止の事実を株主等に知らせるために、一定の間、監理ポスト・整理ポストにおいて、その銘柄の売買を行わせることができます。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

世界大百科事典内の上場廃止の言及

【上場】より

…発行者からの申請によって証券取引所がその発行する有価証券を上場しようとするときは,大蔵大臣の承認を受けなければならない(証券取引法110条)。上場申請の手続,上場審査,上場有価証券の管理,上場廃止等については,証券取引所の有価証券上場規程および上場審査基準に定められている。証券取引所が上場審査を行って有価証券の上場を適当と認めた場合には,大蔵省へ上場申請を行う。…

※「上場廃止」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上場廃止の関連キーワードシンプレクス・インベストメント・アドバイザーズASK PLANNING CENTER西武鉄道の有価証券報告書虚偽記載問題ゼンテック・テクノロジー・ジャパンメディサイエンスプラニングワークスアプリケーションズひまわりホールディングスダイワボウ情報システム西武ホールディングスディーワンダーランドアイ・エム・ジェイユニバーサルホーム土屋ツーバイホームアイ・エム・アイイーコンテクスト特設注意市場銘柄エルクリエイトネットマークスオープンループ日本ジャンボー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上場廃止の関連情報