SE(読み)エス イー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

SE

システムの設計や構築に従事する職を指す。日本では、企業情報システムの開発に携わる者に対して使われることが多い。一口にSEといっても、顧客の要求を確実にくみとってハードウェアの設計を行ったり、ソフトウェアの構築とハードウェアの調達を行ったり、完成したシステムのバグを修正するなど、仕事の内容は多岐にわたる。そのため、SEは仕事を分化し、各分野に特化したプロフェッショナルとなることが通常である。ソフトウェアをプログラミングする「プログラマー」とSEは本来別物であるが、近年、両者の仕事の垣根があいまいになってきており、プログラマーからSEの仕事に進出するケースも多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のSEの言及

【システム工学】より

…略称SE。人工システムの計画,設計,製作,運用および廃棄を合理的に行うための考え方,手順,方法の体系をいう。…

※「SE」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SEの関連情報