音響効果(読み)オンキョウコウカ

  • おんきょうこうか オンキャウカウクヮ
  • おんきょうこうか〔オンキヤウカウクワ〕
  • 音響効果 soundeffect

デジタル大辞泉の解説

演劇・放送・映画・音楽などに使われる擬音などの効果。
ホールやスタジオなどで演奏などをするときの、音のひびき方の特性良否

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

・映画・ラジオ・テレビなどにおいて,劇の進行上必要な音(擬音)を創造・表現して,劇の進展を助け雰囲気を盛り上げる舞台効果の一つ。各分野でその内容は異なるが,大要は同じなので,ここでは演劇の音響効果について記す。
[歴史]
 《古事記》や《日本書紀》に,天の岩屋戸に隠れた天照大神(あまてらすおおかみ)の出現を祈念して,天鈿女命(あめのうずめのみこと)が俳優(わざおぎ)・歌舞をし幽意を解いたとある。長鳴き鳥を鳴かせ,竹とを打ち鳴らし足ぶみし,大勢が手拍子かけ声出せば,何ごとと天照大神は岩屋戸を開けるだろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 映画、演劇、放送などで、擬音を使って演出効果を高めること。また、そのしかけ、効果。
※カツドウヤ紳士録(1951)〈山本嘉次郎〉活動大写真「ミニュアチュア(模型)に照明効果と音響効果で、人々の錯覚を起させるものだったのである」
② 室内やホールで音楽などの演奏をするとき、音のひびき方はその構造や材質の影響を受けるが、そのひびき方の良否をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android