コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音響効果 オンキョウコウカ

世界大百科事典 第2版の解説

おんきょうこうか【音響効果 sound‐effect】

演劇・映画・ラジオ・テレビなどにおいて,劇の進行上必要な音(擬音)を創造・表現して,劇の進展を助け雰囲気を盛り上げる舞台効果の一つ。各分野でその内容は異なるが,大要は同じなので,ここでは演劇の音響効果について記す。
[歴史]
 《古事記》や《日本書紀》に,天の岩屋戸に隠れた天照大神(あまてらすおおかみ)の出現を祈念して,天鈿女命(あめのうずめのみこと)が俳優(わざおぎ)・歌舞をし幽意を解いたとある。長鳴き鳥を鳴かせ,竹と矛を打ち鳴らし足ぶみし,大勢が手拍子かけ声出せば,何ごとと天照大神は岩屋戸を開けるだろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おんきょうこうか【音響効果】

演劇・映画・放送などで、擬音や録音した音を使って真実味や情趣を加えること。効果。サウンド-エフェクト。
劇場・ホールなどで、楽音や台詞せりふの響く度合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音響効果の関連情報