コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SHM-CD えすえっちえむしーでぃーSHM-CD

知恵蔵の解説

SHM-CD

スーパーハイマテリアル・CDのこと。新規格ではなく、あくまでCDであることに変わりはない。「高品質な素材・技術を使ったCD」のことで、CDと完全な互換性を持ち、すべてのCDプレイヤーで再生が可能。
 ユニバーサルミュージックの新倉紀久雄氏が提案し、日本ビクターと共同開発したもので、2008年9月現在は、両社の他、テイチクエンタテイメントやワーナーミュージックジャパンでも採用されている。
 一般的なCDとの違いは、記録面の素材として、一般的なCDが使っているものより透明度の高い液晶パネル用ポリカーボネートを採用していることと、製造時にも精度の高いプロセスを使っていること。結果的に、光ピックアップを使ってCDからデータを読み取る際の精度が高まり、エラー訂正の確率が下がる結果、音質が向上すると言われている。よりコストのかかる行程を経るため、一般的なCDより価格は高い。
 すでに述べたように、データ規格的にはあくまで「CD」であり、収録された楽曲の音質は同じ。そのため、音質は向上するものの、向上の度合いは、SACDなどに比べ小さく、それなりに高品質なオーディオシステムでないと差がわかりにくい。そのため、効果を疑問視する声もある。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android