SOFAR(読み)ソファー

デジタル大辞泉「SOFAR」の解説

ソファー【SOFAR】[sound fixing and ranging]

sound fixing and ranging音速が極小となる海中の音波伝達経路。SOFARチャンネルを介すると、散乱・吸収されにくい低周波の音波は、太洋をまたぐような非常に長い距離にまで伝わる。ソーファー。→ソーサスSOSUS

ソーファー【SOFAR】[sound fixing and ranging]

sound fixing and ranging》⇒ソファー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のSOFARの言及

【海洋観測】より

…このため数百Hzの音波を数千kmまで追跡でき,音波を数地点で受信することで,かなり距離の離れた音源の位置を測定できる。この技術をソーファーsofar (sound fixing and ranging)といい,第2次大戦中にアメリカ軍によって救難のために使用された。ソーファーブイは,200Hzの音波を発信しながら漂流するブイを係留した3点以上の受信局で追跡するもので,1000kmの範囲の中層の海流測定に用いられる。…

※「SOFAR」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android