コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SSM1 エスエスエムいちSSM1

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SSM1
エスエスエムいち

88式地対艦誘導弾。陸上自衛隊が着上陸阻止,水際撃破構想の中核システムの一つとして 1988年度から制式化した国産の地対艦巡航ミサイル。沿岸部に比べ被害を受けにくい内陸部から発射され,陸上では地形に応じてあらかじめインプットされた高度と経路を通り,海上では敵艦船のレーダー網をくぐり抜けるよう,海面すれすれを飛び,敵艦船に近づくと内蔵するレーダーでこれを探知し命中する。ミサイルは全長 5.08m,直径 0.34m,重量 600kg,射程 150km,速度マッハ 0.9以上で高性能炸薬を 225kg搭載している。トラック搭載の6連装発射機に収納されている。中期防衛計画において 54基の調達を計画している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

SSM1の関連キーワード88式地対艦誘導弾