コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SSM1 エスエスエムいち SSM1

1件 の用語解説(SSM1の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SSM1
エスエスエムいち
SSM1

88式地対艦誘導弾。陸上自衛隊が着上陸阻止,水際撃破構想の中核システム一つとして 1988年度から制式化した国産の地対艦巡航ミサイル。沿岸部に比べ被害を受けにくい内陸部から発射され,陸上では地形に応じてあらかじめインプットされた高度と経路を通り,海上では敵艦船のレーダー網をくぐり抜けるよう,海面すれすれを飛び,敵艦船に近づくと内蔵するレーダーでこれを探知し命中する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SSM1の関連キーワード航空自衛隊誘導弾陸上自衛隊PAC3自衛隊生徒TOW駐屯地予備自衛官補与那国島への陸上自衛隊配備陸上自衛隊のイラク派遣

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone