コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TDP

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

TDP

熱設計電力"という訳が付けられている。プロセッサーの設計上想定される最大放熱量を表わす単位として利用され、一般的な利用を想定したベンチマークテストなどによって測定される。プロセッサーの発熱において想定される最悪のケースとしては、データはL1/L2キャッシュ上にあってヒットミスはなく、パイプラインも破綻することなく休みなく処理が続く、という状況だ。この時に発生する熱がどの程度か、ということは、プロセッサー単体の問題というよりも、むしろPC全体の熱設計にかかわることで、特にノートPCなどの熱容量に余裕のないシステムでは問題になる。最近は組み込み用途やアプライアンスといった分野で使われるプロセッサーが注目されていることもあり、消費電力量や放熱量もプロセッサーの重要な特性と見なされるようになってきている。プロセッサーは、「熱」という観点からはヒーターのようなもので、投入された電力を熱に変換するデバイスであるとさえいえる。その意味では、消費電力を軽減することと発熱量を抑えることは本質的には同じことである。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ティー‐ディー‐ピー【TDP】[thermal design power]

thermal design power》コンピューターの、マイクロプロセッサーの設計上想定される最大発熱量。単位はワット。小型コンピューターの筐体(きょうたい)(容器)に取り付ける冷却装置や、ノート型パソコンの設計などにおける重要な性能指標となる。熱設計電力。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

TDPの関連情報