コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TDP

2件 の用語解説(TDPの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

TDP

熱設計電力"という訳が付けられている。プロセッサーの設計上想定される最大放熱量を表わす単位として利用され、一般的な利用を想定したベンチマークテストなどによって測定される。プロセッサーの発熱において想定される最悪のケースとしては、データはL1/L2キャッシュ上にあってヒットミスはなく、パイプラインも破綻することなく休みなく処理が続く、という状況だ。この時に発生する熱がどの程度か、ということは、プロセッサー単体の問題というよりも、むしろPC全体の熱設計にかかわることで、特にノートPCなどの熱容量に余裕のないシステムでは問題になる。最近は組み込み用途やアプライアンスといった分野で使われるプロセッサーが注目されていることもあり、消費電力量や放熱量もプロセッサーの重要な特性と見なされるようになってきている。プロセッサーは、「熱」という観点からはヒーターのようなもので、投入された電力を熱に変換するデバイスであるとさえいえる。その意味では、消費電力を軽減することと発熱量を抑えることは本質的には同じことである。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ティー‐ディー‐ピー【TDP】[thermal design power]

thermal design power》コンピューターの、マイクロプロセッサーの設計上想定される最大発熱量。単位はワット。小型コンピューターの筐体(きょうたい)(容器)に取り付ける冷却装置や、ノート型パソコンの設計などにおける重要な性能指標となる。熱設計電力。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

TDPの関連キーワードコードネーム様付け手が付けられない訳が無い尾鰭が付くけりが付く時代が付く熱設計電力けらばまぐさ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

TDPの関連情報