コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

UIMカード ゆーあいえむかーど

2件 の用語解説(UIMカードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

UIMカード

携帯電話ユーザーの加入情報や、連絡先などのプライベートな情報が記録されているカードIMT-2000で採用されている。基本的には、SIMカード機能拡張したものであるが、SIMカードとの互換性はない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ユーアイエムカード【UIMカード】

SIM(シム)カードの機能を拡張したもので、第3世代携帯電話W-CDMA方式に対応、契約者情報のほかに電話帳やクレジットカード決済用個人識別情報などを暗号化して登録できる。◇「UIM」は「user identity module」の頭文字。単に「UIM」ともいう。ユニバーサル(universal)なSIMカードということから「USIM(ユーシム)カード」ともいう。また、(SIMカードと区別をせずに)「SIMカード」ともいう。⇒SIMカード

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

UIMカードの関連キーワードエンドユーザーSIMカードユーザーユーザーサポートユーザーアカウントUSIMカード第一世代携帯電話第二世代携帯電話第四世代携帯電話ユーザー管理

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

UIMカードの関連情報