コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

UIMカード(読み)ゆーあいえむかーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

UIMカード

携帯電話ユーザーの加入情報や、連絡先などのプライベートな情報が記録されているカード。IMT-2000で採用されている。基本的には、SIMカードを機能拡張したものであるが、SIMカードとの互換性はない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ユーアイエムカード【UIMカード】

SIM(シム)カードの機能を拡張したもので、第3世代携帯電話のW-CDMA方式に対応、契約者情報のほかに電話帳やクレジットカード決済用個人識別情報などを暗号化して登録できる。◇「UIM」は「user identity module」の頭文字。単に「UIM」ともいう。ユニバーサル(universal)なSIMカードということから「USIM(ユーシム)カード」ともいう。また、(SIMカードと区別をせずに)「SIMカード」ともいう。⇒SIMカード

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android