USスチール[会社](読み)ユーエススチール

百科事典マイペディアの解説

USスチール[会社]【ユーエススチール】

正称はUnited States Steel Corp.。米国最大の鉄鋼会社。1900年J.P.モルガンが当時最大のカーネギー製鋼を買収,これを中心に翌1901年,その他8社が大合同して成立したトラスト。成立時,米国鉄鋼生産の70%以上を占め,以後プライスリーダーとして市場を支配した。1960年代には日本などの進出におされ,また設備の老朽化なども重なり事業規模は大幅に縮小された。1982年マラソン石油会社を買収,石油事業を強化して脱鉄鋼政策を進めた。1986年社名もUSX Corp.と変更。1991年,鉄鋼部門を担当するUSX−USスチール・グループ,石油部門を担当するUSX−マラソン・グループを設立し,USXは2社を統括する持株会社となった。2001年USX Corp.は分社化。アメリカ最大の鉄鋼メーカーのUSスチールグループはユナイテッド・ステーツ・スチール社として独立。一方のマラソン・グループは採掘から精製,販売まで行う大手総合石油会社マラソン・オイル社として発足した。神戸製鋼所と2000年に自動車用鋼板の生産で提携。本社ペンシルバニア州。2010年12月期売上高173億7400万ドル。
→関連項目ゲーリー新日本製鐵[株]ビッグ・ビジネス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユーエススチール【USスチール[会社] United States Steel Corp.】

アメリカ最大の銑鋼一貫メーカー。本社ペンシルベニア州ピッツバーグ。製鉄王A.カーネギーが1864年ピッツバーグに創設した圧延工場の後身。1901年,当時世界最大の鉄鋼会社に発展していたカーネギー製鋼会社と金融王J.P.モーガンの所有するフェデラル製鋼会社を中心に,その他8社とが大合同してUSスチールが誕生した。USスチールは全アメリカ鉄鋼生産の70%以上を独占して市場で圧倒的な支配力をもち,また原料の鉄鉱石と石炭も独占し,とくに鉄鉱石についてはUSスチール以外の鉄鋼会社は一部をUSスチールに依存していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android