コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新日本製鐵 しんにっぽんせいてつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新日本製鐵
しんにっぽんせいてつ

世界トップクラスの生産量を誇ったかつての鉄鋼メーカー。旧鉄鋼業大手 5社の一つ。1934年製鉄大合同により日本製鉄設立,1939年広畑製鉄所開設。1950年過度経済力集中排除法により八幡製鉄所富士製鉄ほか 2社に分割。1970年八幡,富士両製鉄が合併して新日本製鐵として発足。合併に独占禁止法違反の疑いをはさむ公正取引委員会との 1年以上にわたる交渉の末実現した。1971年富士三機鋼管を合併。八幡,室蘭,釜石,広畑,光,名古屋,堺,君津,大分などに製鉄所をもち鉄鋼を一貫生産したほか,エンジニアリングの部門にも進出した。1986年エレクトロニクス事業部を設置,情報通信,新素材などの事業も展開した。1990年代末には日新製鋼住友金属工業川崎製鉄などと提携し,輸出共販など連携強化に努めた。2012住友金属工業と合併して新日鐵住金となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新日本製鐵の関連情報