VMware ACE(読み)う゛いえむうぇあえーす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

VMware ACE

ヴイエムウェアの仮想マシン管理ソフト。マネージメントサーバーとクライアントで構成される。管理者は、マネージメントサーバーによって、作成した仮想マシン環境をインストーラー化できる。ユーザーは、インストーラーをセットアップすることで、自分のマシンに仮想環境を組み込める。最大のメリットは、ハードウェアが仮想化されているため、どのような仕様のマシンに構築した仮想環境を組み込んでも、ソフトウェアが動作すること。たとえば、Windows XP SP1でしか動作しない業務アプリケーションを、SP1とともに仮想化して配布することで、SP2などの環境でも確実に動作させられる。もし、社内で利用するアプリケーションなどをすべて組み込んだ仮想環境を作成しておけば、社員のためにどんなPCを追加購入したとしても、必要な環境はすべて動作し、個々のPCのセットアップや管理の手間を省けることになる。加えて、仮想環境からのネットワークの接続やデータの書き出しを制限できるので、企業のセキュリティーを高められる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android